STORK(ストーク)のショートコードでどんな事ができるのかを徹底解説

ストーク

ワードプレステンプレートの購入を検討していると必ずでてくる言葉がショートコードです。

ショートコードは記事を書いている時にワンタッチでボタンや枠組みなどができる便利な機能です。

初心者に優しいテンプレートほどショートコードが充実しており、テンプレートによってショートコードは異なります。

ここでは、STORK(ストーク)にはどのようなショートコードが実装されているのかをご紹介致します。

STORK(ストーク)にはブログに必要なショートコードが実装されている

ショートコードがあるととても簡単に記事の飾り付けができます。

2カラム

3カラム

このように記事のエリアを分割する事で記事を読みやすくする事ができます。

補足事項

補足説明赤

関連記事

新機能

会話

会話2

ボタン

会話の違うバージョン

こんな感じでSTORK(ストーク)はショートコードが充実している。

実際にどんなショートコードを入力すればいいのかはマニュアルサイトで紹介されています。

STORK(ストーク)を使えばショートコードが使い放題

今回紹介したものが、STORK(ストーク)を使えば使いたい放題です。

ボックスや関連記事など、自分で実装しようとすると難しくて時間がかかる。

誰かにお金を払って実装してもらうなら、テンプレートを購入する方が安くつく。

ここで紹介したショートコードを使いたいならもうSTORK(ストーク)を買ってしまう方が早いです。

STORK(ストーク)を買ってブログライフを楽しみましょう。