【レビュー】ワードプレステーマSealを使ってみた感想

seal(シール)

ブログマーケッターjunichiさんが制作しているワードプレステーマSealが2017年12月4日に発売されたので早速購入して使用してみました。

Sealはマテリアルデザインを取り入れたワードプレステーマとなっており、2018年に人気が出るテーマだと思うので要チェックです。

ここでは実際に使った感想を紹介します。

ワードプレステーマSealの使いやすさ

まずワードプレステーマを使用する上で、私が最も重要視しているのが使いやすさ。

その理由として、日々更新し続けるサイトに入れる中枢部な訳ですから、簡単に使いこなせるというのがポイントだと思っています。

Sealの特徴として、管理画面内のカスタマイザーが非常に充実しているという印象を受けました。

カスタマイザーが充実している事で、視覚的、直感的にサイトの外観を編集する事ができます。

ワードプレスユーザーというのは、ウェブの専門知識があるユーザーから専門知識など全くないユーザーまで幅広いため、どの程度のユーザーの知識に合わせていくのかという点がテーマによって様々です。

Sealはウェブの専門知識がないユーザーでも簡単に使いこなせるように工夫された設計になっていると感じました。

1カラム専用だけど意外と使いやすい

私はこれまでのサイトは全て2カラムで作成してきました。

しかし、今回Sealを使って作ったサイトは1カラムでした。

これまで、1カラムは情報の整理をしにくいから使いにくいなと思っていたのですが、実際そこまで不便ではなかったです。

まずスマホユーザーは1カラム、2カラムに関係なく、必ず1カラムで表示されるわけなので、どちらが見やすいなどない訳です。

さらに、ヒートマップなどで解析しているとわかるのですが、実はページ下部まで読み進め、サイドバーの部分まで到達するユーザーは実はかなり少ないのです。

1カラムのテーマを使って思ったのが、ユーザーの回遊についてサイドバーに頼るのではなく、コンテンツ内でしっかりと回遊できるように、記事を作り込む方がいいのではないかと自分の考えを改める事となりました。

どうしてもPCで見ていると寂しく感じるのですが、実際のところはコンテンツを集中して見て欲しい訳ですし、1カラムは理にかなっているなと思います。

特にブログ系のサイトや100記事以内のサイトであれば1カラムで十分だと思います。

junichiさんは初心者の事をわかっていると感じた

実はブログマーケッターjunichiさんは、ブログマーケティングスクールというオンラインサロンを運営されています。

そこでは、ブログ初心者の方などが多く、そういった方達のサポートをしています。

また、サロンに在籍している人達はjunichiさんのテーマを使っている事が多く、質問などに毎日答えています。

つまり、ブログ初心者の方がどのような部分で躓くのかを知っています。

だから初心者でも使えるようなテーマを作れるんだなと感じました。

Sealは初心者におすすめできる

私が実際にSealを使って思った事は初心者が有料のワードプレステーマを買うならば、junichiさんが作ったテーマは特におすすめだという事です。

Sealは最近のトレンドにも合わせて作られていますし、とてもオシャレに仕上がるかと思います。

seal(シール)