STORK(ストーク)で作られたサイト

実際にSTORK(ストーク)でどこまでオシャレなサイトを作る事ができるのだろう??

そう考えるとSTORK(ストーク)で作られたサイトを見るのが最も手っ取り早いです。

ここでは、STORK(ストーク)で作られたサイトを参考サイトとして集めました。

ブロガーとアフィリエイターのどちらとものパターンで集めています。

>>デモサイトはコチラ

STORK(ストーク)のアフィリエイター参考サイト

キャットフードの達人

キャットフードの達人.com
キャットフードの達人は、「キャットフード」というキーワードで1位表示しているサイトです。

こんなにビッグキーワードで1位表示できるのはすごい!!

また、サイト自体も可愛いしきっとすごい売り上げが上がっていることでしょう。

LAUNDRY110


LAUNDRY110
LAUNDRY110は宅配クリーニング情報に特化したアフィリエイトサイトです。

トップページの印象がとてもよく、このような訴求ができるのもSTORK(ストーク)の特徴となるでしょう。

STORK(ストーク)でトップページを作り込むサイトのお手本となるサイトと言っても過言ではありません。

STORK(ストーク)のブロガー参考サイト

SONIDO(ソニド)


神奈川県藤沢市のWEB制作会社ソニド
ソニドさんはウェブマーケティングのプロとして会社のホームページの中にブログを配置するようなスタイルでSTORK(ストーク)を使いこなしています。

STORK(ストーク)の中で便利な機能でもあるランディングページや1カラムの固定ページなどを巧みに使いこなしています。

また、ブログも綺麗に整理されていてとても読みやすいです。

WEBマーケティングのプロでも使うWordPressテーマ。それがSTORK(ストーク)です。

abc campus


英会話・英単語・英文法など「英語のさまざまな勉強法」と「アメリカ留学」についてガッツリ学べるブログ

abc cumpusは英会話、英単語、英文法などについて学べるブログです。

英語の勉強法をまとめていくとどうしても記事数が増えてしまい、かなりの大規模サイトになってしまいますが、STORK(ストーク)を使う事でオシャレ且つスマートになっています。

個人的にアメリカンスクールっぽい色合いが好きです。

まとめ

この記事では参考サイトとしてSTORK(ストーク)で作られたサイトをご紹介させて頂きました。

これらのサイトを見て思う事は、とにかくオシャレだということ。

さらに作り方次第では同じWordPressテーマを使って作られたとは思わないようなものも多いです。

これらのサイトに共通している事は最低でも30記事、大抵は50記事以上のサイトで、ロングテールSEOを意識した大規模サイトが多いということです。

また、ブロガーさんにおいては個性を全面に出した個性的なブログとなっています。

ブロガーさんは記事が増え続けていくので最終的には100記事、200記事となっていきます。

このような記事数を綺麗に見せる為にはSTORK(ストーク)のようなWordPressテーマが最適ですね。